今夏、中之条ビエンナーレを開催予定の群馬県中之条町役場唐澤さんより便りが。
西宮船坂ビエンナーレにも実行委員会の皆さんと足を運んでいただきました。

大震災地域にも程近く、先ごろも震度5強を観測したそうです。
東北の甚大な被害と比べるわけにはいきませんが、それでも温泉地の温泉が出なくなってしまったり、ガソリンスタンドの閉店、大型店の早じまいなど、大変な状況だそうです。

中之条町町長さんをはじめ皆さんで、相馬市などへの支援物資運搬を行うなど、
近隣自治体として動き始めているけれど、阪神淡路よりもはるかに広範囲で甚大なために、
組織立った対処方法も簡単には定められないと・・

阪神淡路を経験した私たち、すぐにでも駆けつけて何かをしたいという気持ちばかりが先走ります。しかしまだ今はプロの領域。今できることは募金、チャリティーくらいでしょうか。歯がゆいですが、心から皆でエールを送り続けましょう!

節電・・悪いことではないので続けたいと思います。しかし、震災をネタにした迷惑メールが色々出回っています。強い憤りを覚えます。

「中之条ビエンナーレ2011」8月20日~10月2日
今のところ開催予定だそうです。私をはじめ何名も船坂関係作家が出品します。
特別な意味合いを持つビエンナーレになりそうです。

一方私たちは、
「土と火と、実りの里の芸術祭2011」会期9月頃
(AAFアサヒアートフェスティバル参加事業)
を開催予定です。また詳細が決まり次第お知らせします。